『風邪が引きやすいのは?』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

皆様、新年明けましておめでとうございます。

京都市北区 北山 小佐々歯科診療所の小佐々康です。

寒波がやってきてかなり冷え込む日が続きますが、皆様は体調は崩されておりませんか?

お気をつけてお過ごしくださいね。

 

さて、毎年なぜか風邪を引きやすい方は中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そのような時は一度、

 

お口がぽかっと空いていないか?

 

をチェックしてみてください。

 

なぜかと言うと、

 

口呼吸は非常に身体を壊しやすい!

 

のです。

 

鼻呼吸と口呼吸ではなぜそこまで違うのか。

鼻呼吸の方が良いことはたくさんあるのですが、簡単に述べると、「鼻は空気清浄機」なのです。

 

鼻から吸い込んだ空気は、まず鼻の中の鼻毛や線毛で空気中のゴミや細菌をキャッチしてくれます。そして鼻の中はいろんな空洞があるので、そこを空気が通ることで、体温により空気が温められます。最後に咽頭(喉の奥)に差し掛かるところで、扁桃という免疫機構を通りますので、さらに空気を浄化してくれます。

なので、鼻で吸い込んだ空気は細菌やゴミを濾過し、温かい(体温に近い)空気を肺に送り込んでくれるのです。

 

一方、口呼吸はというと…

口の中には毛は生えてこないので、菌をからめとるところもないですし、空洞もないので、空気を温める隙間はありません。そして免疫機構も鼻から通すよりも機能しづらいのです。

なので、口から吸い込んだ空気は菌がそのままであり、濾過されないまま冷たい空気がダイレクトに肺に送り込まれる…

これだけで病気になりやすいのはわかりますよね。

 

なので、是非、お口がぽかんと空いていないかな?とチェックをしてみてください。

それを防ぐだけで大きな違いが生まれてきます!

 

コメントは受け付けていません。