舌のスムースな働きがカギ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

舌小帯とは舌の裏の真ん中にあるすじ状のヒダのことをいいます。私たちはこの舌小帯によって舌の動きを調節しているのです。

舌小帯が舌の先端近くまでついていたり、舌小帯そのものの長さが短すぎると舌の動きを制限してしまいます。

舌のスムースな働きがカギ!!赤ちゃんのときに舌が上手に使えないことで母乳が吸えなくなります。また哺乳ビンを使ってミルクを飲むときにも障害がでます。つまり乳首をパクッとくわえられず、じょうずにミルクが飲めないのです。すると、ミルクを飲む量が少なくなると同時に、空気を一緒に吸うため、おなら・ゲップがたくさん出ます。

 

赤ちゃんのうちに舌が自由に動かせるようにすることで将来の舌癖などのリスクを減らすことができますその他、舌は発音・歯列に大きく関わっています。舌小帯が短いと舌足らずな話し方になったり、舌に押された前歯が出っ歯てきたりします。舌小帯の切除自体は大人になってもできる処置です。しかし舌が自由に動かせないため、それを補うために悪い舌癖につながることもあります。

実際に障害がでてからとなると、それらが引き起こす影響の大きさを考えると、切除をしたほうが良いのです。舌癖がでてしまうと、その癖を治すのが大変になってしまいます。赤ちゃんのうちに舌が自由に動かせるようにすることで将来の舌癖などのリスクを減らすことができます。

舌のヒダはオッパイを吸うこと(吸啜運動)で、また、おしゃぶりをしたり、舌を活発に動かすことで、ある程度は自然に消退していきますが、哺乳ビンでは舌のヒダは消失しません。1年以上の授乳は子どもにとっては大切なことです。

舌のスムースな働きがカギ!!

                                              舌小帯が短くて舌の動きが制限されます

コメントは受け付けていません。