食事の姿勢の話

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

食事の姿勢の話

 

いつもご飯を食べる時は、どのような姿勢で食べていますか?

 

このような質問をされて、すぐに答えられなかった方が大半でしょう。

 

今回のコラムでは、食べる時の姿勢について、興味深い実験研究結果についてご紹介します。

 

日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生は、「おむすび咀嚼実験」を行いました。

 

①足をぶらぶらさせる状態 ②足が床についた状態 ③正座

以上三種類の姿勢別に、おむすび一個を食べた時の咀嚼回数を調査しました。

 

 

結果

①足をぶらぶらさせる状態 平均65.8回

②足が床についた状態   平均77.8回

③正座             平均92回

 

咀嚼する回数は、「足をぶらぶらさせる状態<足が床についた状態<正座」の順番で多くなるようです。

不安定な姿勢では噛む回数が少なくなり、背筋が伸びやすい正座が、一番よく噛めることが明らかになりました。正座をすると、背筋が伸び安定した姿勢を保つことができ、自然に噛む回数が増えます。

 

小さなお子様が、食事に集中できず、困ることがよくありますが、その際、足元がぶらぶらしていませんか?

全身が安定する姿勢を整えることによって、よく噛み、味わえるようになります。

椅子が高くて、足が床に着かないときは、足代を置くなどの工夫をしてください。

 

また、口を閉じて1口30回噛むことにより、口唇の筋肉が引き締まり、口元が引き締まります。

そして、舌の動きも良くなり、発音しやすくなり、歯列も整ってきます。

 

是非、食事の際にはなるべく正座をし、一口30回噛むように心がけることをオススメいたします。

コメントは受け付けていません。