カテゴリー別アーカイブ: 衛生士からの一言

子どもの受動喫煙は怖い!!

子どもの受動喫煙は怖い!!

 

「受動喫煙によって三歳までに虫歯になる可能性が2倍になった」との研究結果を、京都大学の川上浩二教授と田中司朗准教授らのチームが英医学誌BMJに発表したことを、京都新聞の記事で見つけました。

 

受動喫煙(間接喫煙)とは他人の吸っているタバコの煙や、くすぶったタバコの煙を吸い込むことで、自分自身は喫煙していないのにその影響被害を受けることをいいます。

タバコの煙中には4,000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち少なくても200種以上が有害作用を有するとされています。

代表的なタバコの3大有害物質は“ニコチン”“タール”“一酸化炭素”です。

受動喫煙によって感受性が高い成長発育期の子どもに影響を及ぼす被害として、呼吸機

能低下・中耳炎・急性気管支炎・喘息・乳幼児突然死症候群

・喘息様気管支炎・髄膜炎・肺炎など、子どもの健康を左

右する病因となっています。

今回 神戸市で2004~10年に生まれた7万6920人のデ

ーターから生後4カ月での受動喫煙の状況と3歳時点で

1本以上の虫歯や歯の欠損、治療歴の有無を調査。

その結果 家族に喫煙者がいる子は、いない子に比べて虫

歯になる可能性が1.46倍でした。

特に面前で吸われる環境にあった子は2.14倍に高まった

そうです。

タバコ1本から発生する煙を非喫煙者の感知できない濃

度まで薄めるには50mプール13杯分(19,000㎥)もの空気が必要といわれています。

喫煙によって環境や健康にも悪影響を及ぼすということを大人たちは知らなければな

りません。

川上教授は最後に「子どもの健康な発育のため、大人は生活習慣に十分気をつけるべき

だ」と子どもの受動喫煙に対する警告を述べています。

 

私はこの記事を読んで、タバコはさまざまなリスク(危険性)を伴う行為であり、その

矛先は自分だけでなく家族(特に子ども)に、友人に、不特定多数の周りの人びとにむけ

られているということを知りました。

タバコの煙によって起こる受動喫煙って、ほんとうに怖いですね!!

 

 

衛生士紹介

6月から小佐々歯科診療所で働かせていただいている歯科衛生士の見澤真由美です。

まだまだいたらない事も多いと思いますが精一杯頑張りたいと思います。

宜しくお願いします。

 

 

 

食後すぐの歯みがきについて

最近テレビ放送で「食後30分以内の歯磨きをすると歯を傷つけてしまう」という報道がされ、困惑されている方もおられると思います。

これは酸性の強い食べ物や飲み物を口にした直後は、口の内が酸性に傾き、その状態で歯みがきをすると歯のエナメル質が溶けやすくなってしまうからというものです。(酸蝕症)

歯の腐食を防ぐには、酸にさらされたエナメル質が唾液によって

再び硬さを取り戻すまで(再石灰化)、少なくとも食後30分経てから歯みがきをするのが望ましいとのことです。

このことにより、昼食後の歯みがきを推奨してきた教育現場に混乱が生じ日本小児歯科学会が見解を発表しています。

 

『これまで保育所・幼稚園、学校では昼食後にはなるべく早く歯みがきをしてから遊びましょうと指導してきています。その理由としては、むし歯をつくる細菌が多量に含まれる歯垢(プラーク)と食後口の中に残留する糖質を早く取り除くためだからです。ところが、最近になって、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、現場がやや混乱しているようです。これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

小児における歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。このように、歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と、酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。

結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

歯ぐきが退縮して歯の根が見えている人や、かみ合わせの面が擦り減って象牙質が見えている人は、

酸性の強い食べ物や飲み物(下記の表を参照)を口にした直後の歯みがきはさけ、水やお茶を口にしてから歯みがきするようにしましょう。

★食品の酸性度★

                                                              歯が溶ける ← ↓ → 歯の再石灰化

 

歯の色が気になりませんか?

 近頃、『口元で第一印象が決まる』『口元で品格が決まる』などとよく耳にしますが、みなさんはお口のケアをどのようにされているでしょうか?

笑った時に白く輝く歯が見えると相手に清潔感を与え、笑顔か数倍よく見えます。それにより信頼関係も自然に生まれてきます。

鏡で一度自分の歯の色を見てみましょう。最近“歯の色が黄色くなったかも・・・・”、“茶色い汚れが目立つな・・・・”など改めて自分の歯を見てみると気づく事があれば、ぜひ白く輝く歯を取り戻していただきたいです。決して今からでも遅くはありません。今からお口のケアをしっかり始めませんか。

 

 

小佐々歯科でオススメするホワイトニング

★オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。薬剤を塗り特別な

光を当てて歯を白くします。

〈歯に薬剤を塗り、特別な光を当てている〉

(所要時間)

2時間~3時間

 

★ホームホワイトニング

おうちで行うホワイトニングです。マウスピースを

作製し、薬剤を入れて12時間、約2週間つけて歯を白くします。

〈マウスピースに薬剤を入れている〉

 

ホワイトニング後の注意事項

ホワイトニング後24~48時間後は摂取を控えていただきたい食品があります。

着色性食品柑橘系食品などの酸性食品は、エナメル質を脱灰させる可能性があるため注意が必要です。

<着色性食品>

コーヒー、お茶、コーラ、赤ワイン、醤油、ソース、マスタード、ケチャップ、

 ベリー類、タバコ、カレー、人口着色料が含まれるもの。

その他,色の濃い洗口剤(ポピドンヨード等)

色の濃いものは歯の色が後戻りしやすくなります。

<柑橘系食品>

ビタミンC、クエン酸、梅干し(アルカリ食品だが強い酸性)、

お酢(ドレッシング)、炭酸飲料、スポーツドリンク 

歯が溶けやすくなります。 

その他の注意事項

ホワイトニングを行ってからしみたり痛みが出たりすることがあります。

このような症状は自然に1~2日で消失しますが、

症状が治まらない場合には、相談してください。

 

ホワイトニングができない方

・むし歯がある方

・歯周病がある方      → 治療後に始めましょう!

・知覚過敏がある方       

・妊娠中の方

・授乳中の方

 

またホワイトニングは天然の歯にのみ効果がございますのでかぶせ物の歯や詰め物をしてある部分には

効果はございませんのでご了承下さい。

 

★ホームケア

ホワイトニングを受けられた後はその白く輝く歯を維持するためおうちでのケアを頑張りましょう。毎日の歯磨きの際、『アパガードリナメル』という歯磨き剤をオススメします。歯の表面を傷つける研磨剤は入っておらず安心してお使いいただけます。歯の表面についたミクロの傷を修復し歯面をなめらかにすることで、色がつきにくい状態にする作用を持ちます。

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めまして

4月より小佐々歯科診療所で勤務させていただいております歯科衛生士の松下ユキです。

今年から歯科衛生士となり、まだまだ至らない点がございますが、院長をはじめ先輩スタッフの皆さんにご指導していただきながら日々成長して、多くの患者さんのお口のサポートをさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

 

先日、新人歯科衛生士のための研修会に参加してきました。無理な姿勢をとらず、自然な姿勢で診療をすることで患者さんも術者も快適に治療が受けられるという内容で、美しい姿勢での診療はどういったものかを学んできました。常に姿勢を気にし、患者さんへの負担を少しでも軽減できるように意識しないといけないと思いました。今回の研修会で学んだことを毎日の診療に活かしていきたいと思います。

はじめまして!

はじめまして、
昨年11月末より勤務させていただいてます、
歯科衛生士の西村真由美です。

この度ご縁があり小佐々歯科医院に勤務することになり、
院長はじめ明るくやさしいスタッフの皆さんと一緒に働けることに感謝しております(^-^)

歯科衛生士として、16年間やってきた経験をいかしながら
『親しみやすく、丁寧』をモットーに、
患者さまの
よりよいお口の環境が維持できるよう、努力していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

~ガムピーリングで歯ぐきをきれいな色に~

ガムピーリングとは、メラニン色素の黒ずんだ歯ぐきを、ピンク色に回復させる方法です。
メラニン色素は、皮膚の色を作り出している色素のことです。
有害な紫外線をさえぎってくれる防衛物質ですが異常発生するとシミになります。
歯茎の場合も日焼け、喫煙、食物の刺激などによりだんだんと濃くなっていきます。
もともとメラニン色素の多い人、肌の色が黒い人や遺伝的要因にその後の生活習慣が加わって、メラニン色素沈着が徐々に増えていきます。
メラニン色素をきれいにするには、患者さんに負担が少ないフェノール・アルコール法という方法が最適です。
これは特殊な薬剤を歯茎に塗るだけで自然なピンク色の歯肉を取り戻すことが出来ます。
通常、表面麻酔のみで行い2回程度で終ります。
約一週間後には、色素沈着した歯茎の表面が剥がれ落ちて、きれいな歯茎に生まれ変わります。
程度、期間は個人差が大きいですが、約2年くらいは綺麗な状態です。
*ご質問、お問い合わせはお気軽に当診療所までご連絡ください。075-721-5511

歯科衛生士  辻村 祐子

オフィスホワイトニングで見違えるように変化しました!!

 ホワイトニングを行うと歯の黄色い部分だけでなく、脱灰している茶色い歯の面が白くなりました!!
歯の成分がより強くなることが証明されました。
患者さんもすごく喜ばれ、症例として使うことに協力していただき私自身とても嬉しかったです。
口元が若くなり白い歯で笑うことを楽しみにされていました!!
ご相談のある方は、当医院までお気軽にお尋ね下さい。
歯科衛生士  辻村 祐子

ホワイトニング

12月のキャンペーンは好評につきホワイトニングを行っています!!!
オフィスホワイトニングを通常よりも20%引きで行っています。
さらに・・・クリスマスプレゼント付きになっています!!
詳しいことは『今月のキャンペーン』をご覧ください。

自信を持って笑顔になりましょう!

歯科衛生士  辻村 祐子

歯肉が下っていませんか??

歯肉が下り歯が伸びたように感じになります。
こういう方が多いんです!!  ・・・(・。・)

これは、誤った歯磨き方法により、歯茎が傷付いたり、歯周病や噛み合わせによりおこります。また、加齢も一つの原因です。年を重ねると、歯肉退縮が起こりやすくなるのは、それだけ、歯と歯茎に負担をかけている証拠です。

定期的に歯科医院に通い、歯石を除去してもらったり正しい歯磨き方法を覚えるのも、歯肉退縮を防ぐ一つの方法です。
歯医者で見てもらってはいかがでしょうか?

歯科衛生士  辻村 祐子