カテゴリー別アーカイブ: 歯医者さんからの豆知識

子どもの受動喫煙は怖い!!

子どもの受動喫煙は怖い!!

 

「受動喫煙によって三歳までに虫歯になる可能性が2倍になった」との研究結果を、京都大学の川上浩二教授と田中司朗准教授らのチームが英医学誌BMJに発表したことを、京都新聞の記事で見つけました。

 

受動喫煙(間接喫煙)とは他人の吸っているタバコの煙や、くすぶったタバコの煙を吸い込むことで、自分自身は喫煙していないのにその影響被害を受けることをいいます。

タバコの煙中には4,000種類以上の化学物質が含まれ、そのうち少なくても200種以上が有害作用を有するとされています。

代表的なタバコの3大有害物質は“ニコチン”“タール”“一酸化炭素”です。

受動喫煙によって感受性が高い成長発育期の子どもに影響を及ぼす被害として、呼吸機

能低下・中耳炎・急性気管支炎・喘息・乳幼児突然死症候群

・喘息様気管支炎・髄膜炎・肺炎など、子どもの健康を左

右する病因となっています。

今回 神戸市で2004~10年に生まれた7万6920人のデ

ーターから生後4カ月での受動喫煙の状況と3歳時点で

1本以上の虫歯や歯の欠損、治療歴の有無を調査。

その結果 家族に喫煙者がいる子は、いない子に比べて虫

歯になる可能性が1.46倍でした。

特に面前で吸われる環境にあった子は2.14倍に高まった

そうです。

タバコ1本から発生する煙を非喫煙者の感知できない濃

度まで薄めるには50mプール13杯分(19,000㎥)もの空気が必要といわれています。

喫煙によって環境や健康にも悪影響を及ぼすということを大人たちは知らなければな

りません。

川上教授は最後に「子どもの健康な発育のため、大人は生活習慣に十分気をつけるべき

だ」と子どもの受動喫煙に対する警告を述べています。

 

私はこの記事を読んで、タバコはさまざまなリスク(危険性)を伴う行為であり、その

矛先は自分だけでなく家族(特に子ども)に、友人に、不特定多数の周りの人びとにむけ

られているということを知りました。

タバコの煙によって起こる受動喫煙って、ほんとうに怖いですね!!

 

 

食事の姿勢の話

食事の姿勢の話

 

いつもご飯を食べる時は、どのような姿勢で食べていますか?

 

このような質問をされて、すぐに答えられなかった方が大半でしょう。

 

今回のコラムでは、食べる時の姿勢について、興味深い実験研究結果についてご紹介します。

 

日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生は、「おむすび咀嚼実験」を行いました。

 

①足をぶらぶらさせる状態 ②足が床についた状態 ③正座

以上三種類の姿勢別に、おむすび一個を食べた時の咀嚼回数を調査しました。

 

 

結果

①足をぶらぶらさせる状態 平均65.8回

②足が床についた状態   平均77.8回

③正座             平均92回

 

咀嚼する回数は、「足をぶらぶらさせる状態<足が床についた状態<正座」の順番で多くなるようです。

不安定な姿勢では噛む回数が少なくなり、背筋が伸びやすい正座が、一番よく噛めることが明らかになりました。正座をすると、背筋が伸び安定した姿勢を保つことができ、自然に噛む回数が増えます。

 

小さなお子様が、食事に集中できず、困ることがよくありますが、その際、足元がぶらぶらしていませんか?

全身が安定する姿勢を整えることによって、よく噛み、味わえるようになります。

椅子が高くて、足が床に着かないときは、足代を置くなどの工夫をしてください。

 

また、口を閉じて1口30回噛むことにより、口唇の筋肉が引き締まり、口元が引き締まります。

そして、舌の動きも良くなり、発音しやすくなり、歯列も整ってきます。

 

是非、食事の際にはなるべく正座をし、一口30回噛むように心がけることをオススメいたします。

食後すぐの歯みがきについて

最近テレビ放送で「食後30分以内の歯磨きをすると歯を傷つけてしまう」という報道がされ、困惑されている方もおられると思います。

これは酸性の強い食べ物や飲み物を口にした直後は、口の内が酸性に傾き、その状態で歯みがきをすると歯のエナメル質が溶けやすくなってしまうからというものです。(酸蝕症)

歯の腐食を防ぐには、酸にさらされたエナメル質が唾液によって

再び硬さを取り戻すまで(再石灰化)、少なくとも食後30分経てから歯みがきをするのが望ましいとのことです。

このことにより、昼食後の歯みがきを推奨してきた教育現場に混乱が生じ日本小児歯科学会が見解を発表しています。

 

『これまで保育所・幼稚園、学校では昼食後にはなるべく早く歯みがきをしてから遊びましょうと指導してきています。その理由としては、むし歯をつくる細菌が多量に含まれる歯垢(プラーク)と食後口の中に残留する糖質を早く取り除くためだからです。ところが、最近になって、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、現場がやや混乱しているようです。これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

小児における歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。このように、歯垢中の細菌がつくる酸が歯を脱灰してできるむし歯と、酸性の飲食物が直接歯を溶かす酸蝕症とは成り立ちが違うものなのです。

結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。

歯ぐきが退縮して歯の根が見えている人や、かみ合わせの面が擦り減って象牙質が見えている人は、

酸性の強い食べ物や飲み物(下記の表を参照)を口にした直後の歯みがきはさけ、水やお茶を口にしてから歯みがきするようにしましょう。

★食品の酸性度★

                                                              歯が溶ける ← ↓ → 歯の再石灰化

 

表情筋を鍛えるということ

皆さんは、表情筋がどのようなものかご存知でしょうか?

表情筋は骨から始まり、頭・目・鼻・口の周りからあごにいたるまで、

24種類の筋肉から成り立っており、収縮によって顔に表情を与えます。

 表情筋はからだの筋肉と同じで使わなければ衰え、新陳代謝が低下し、顔の皮ふの下の余分な水分を溜め込みむくみの原因となったり、皮膚が伸びてしまい、しわやたるみの原因となります。

顔の肌の組織も新陳代謝が盛んになることで、肌の老廃物質は順調に除去されて肌に残りにくくなります。 そのためにはマッサージによる一過性のものよりもトレーニングによって「鍛える」ということの方が何倍も効果があります。

また口の周りの筋肉を鍛えれば口呼吸がなくなり、鼻呼吸することで口腔の健康だけでなく全身の健康の維持することが出来ます。

そして、舌の位置を正して噛む力をつけ、筋肉のバランスを整えるということは、豊かな表情をつくり上げ、表情の美しさにつながるのです。

 

顔の表情筋全体について着目し、意識して動かし、日常的に刺激を加える

=トレーニングをして鍛えることが大切になるのです。

知覚過敏 ケアしていますか?

知覚過敏ってなに?

歯周病などで歯ぐきが下がったり、

強い歯ブラシ圧の影響で歯ぐきが下がると

歯の根の部分が擦り減り、

神経に刺激が伝わりやすくなります。

そして冷たい物や、熱いものまたは歯ブラシで

しみるような痛みを感じます。

これが知覚過敏です。

 寒さが厳しくなってきたこの季節、お水も冷たくなり

知覚過敏症状が出やすくなってきます。

 

 

知覚過敏はどれくらいの人が感じているの?

総合情報サイトを運営するオーラルアバウトと英国系製薬企業グラクソ・スミスクラインが歯の健康に関する意識調査を20代から50代の男女1千人に行ったところ「冷たいものが歯にしみる」と答えた人が22「どちらかといえばある」が28.9と、冷たい物で歯に違和感を感じる人が5を超えました。とても多いですね。

 知覚過敏の原因は?

・力強い歯みがき

・歯ぐきの退縮(歯周病)

・咬合不良

・歯ぎしり など・・・

 どうやって防ぐの?

①歯ブラシを見直そう

歯ぐきから血が出やすい、冷たいのもがしみるなどの症状があるのに、硬い歯ブラシを使っていませんか?硬い歯ブラシは歯の表面を傷つけやすいです。知覚過敏症状を感じられている方はなるべく軟らかめの歯ブラシを使うようにし、歯に傷をつけないようにしましょう。

~小佐々歯科診療所でおすすめする歯ブラシ~

 ②知覚過敏用の歯みがき剤を使ってみよう

知覚過敏の症状があっても気にせずいつも通り、お家にある歯みがき剤で歯みがきをしていませんか?実は知覚過敏は歯みがき剤を変えるだけで症状を緩和できる場合があります。

 知覚過敏用は磨き剤は、磨り減った象牙質の穴をふさぐ効果があり刺激をブロックし、しみる症状を緩和する仕組みです。

 ~小佐々歯科診療所でおすすめする歯みがき剤~

Systema センシティブ soft paste

傷ついた象牙質の穴を塞ぎ、しみを予防します。歯周病・むし歯予防成分も入っておりご家族でお使いいただけます。

 

③噛み合わせの相談をしに歯科医院へ行こう

 くいしばりや歯ぎしりなどは自分では気づきにくいです。もしかしたらそれらが原因で知覚過敏症状が出でいるかもしれません。早めの歯科医院での受診をオススメします。

噛むことでアゴは大きくなる

最近の子どもは「アゴが小さくなった」とか「口が小さくなった」などよく言われますが、実際のところ、アゴの骨(顎骨)の大きさは変わらないのですが、歯の生える骨(歯槽骨)のアーチが小さくなっているのです。 このアーチが小さいと永久歯が並びきれず、噛み合わせもずれてきます。 (不正咬合)

 

その原因として、

1. ファーストフードなど軟らかい食べものばかり食べるようになった。
2. うつ伏せ寝や頬杖、横向き寝など態癖
3. 片側噛みなどの間違った噛み癖
4. 口呼吸
5. 母乳の吸啜(授乳)の期間が短い。(最低1年)
6. 舌のヒダ(舌小帯)が短く、アーチを外側に広げる力が弱い

と、いうことがあげられます。

 

人間が成長するにあたり、本来ならば舌や口の周りの筋肉を自然な流れで鍛えることができたはずなのですが、現代の日常生活では、この自然な行為が妨げられるようになり、アゴの未発達化につながっているといわれています。

 

よく噛むということは、 歯槽骨を刺激し血行を促進させ、舌や口の周りの筋肉を鍛え、 内側からアーチを広げます。 歯列を正常に成長させるにはアゴを動かし「鍛える」ことが不可欠なのです。

その為の実践的なこととして・・・

  • 授乳期はできる限り母乳育児をし、舌に筋力をつけて口唇の吸引力をつける。
  • 1~2歳くらいまでは指しゃぶりやおしゃぶりをさせる。
  • 3~5歳からガムを噛ませ奥歯の噛み方を習得させる。
    (ガムは、砂糖を使わないキシリトールやパラチノース配合のものをお勧めします。)

以降も、なるべく噛みごたえのある食品をとるようにし、 よく噛んで食べる習慣をつけてアゴを鍛えましょう!!

 

舌のスムースな働きがカギ!!

舌小帯とは舌の裏の真ん中にあるすじ状のヒダのことをいいます。私たちはこの舌小帯によって舌の動きを調節しているのです。

舌小帯が舌の先端近くまでついていたり、舌小帯そのものの長さが短すぎると舌の動きを制限してしまいます。

舌のスムースな働きがカギ!!赤ちゃんのときに舌が上手に使えないことで母乳が吸えなくなります。また哺乳ビンを使ってミルクを飲むときにも障害がでます。つまり乳首をパクッとくわえられず、じょうずにミルクが飲めないのです。すると、ミルクを飲む量が少なくなると同時に、空気を一緒に吸うため、おなら・ゲップがたくさん出ます。

 

赤ちゃんのうちに舌が自由に動かせるようにすることで将来の舌癖などのリスクを減らすことができますその他、舌は発音・歯列に大きく関わっています。舌小帯が短いと舌足らずな話し方になったり、舌に押された前歯が出っ歯てきたりします。舌小帯の切除自体は大人になってもできる処置です。しかし舌が自由に動かせないため、それを補うために悪い舌癖につながることもあります。

実際に障害がでてからとなると、それらが引き起こす影響の大きさを考えると、切除をしたほうが良いのです。舌癖がでてしまうと、その癖を治すのが大変になってしまいます。赤ちゃんのうちに舌が自由に動かせるようにすることで将来の舌癖などのリスクを減らすことができます。

舌のヒダはオッパイを吸うこと(吸啜運動)で、また、おしゃぶりをしたり、舌を活発に動かすことで、ある程度は自然に消退していきますが、哺乳ビンでは舌のヒダは消失しません。1年以上の授乳は子どもにとっては大切なことです。

舌のスムースな働きがカギ!!

                                              舌小帯が短くて舌の動きが制限されます

【片噛みは身体まで歪ませてしまう!】

虫歯を放置しているとか、歯周病が進行した状態になっているとか、歯が抜けたままになっているなどの理由でついつい片側ばかりで噛んでいないでしょうか?

あるいは、両側で噛める状態であっても習慣的に片側での噛み癖になっていないでしょうか?

片噛み(片側の歯でばかり噛んで食べる習癖)をしていると、噛む側が引き締まり噛まない側がたるみ、

あごや顔に左右差ができ変形してきます。

そして噛む側を下にする寝相へと連鎖しますから、顔がつぶれ、背骨が曲がって骨盤もゆがみ、睡眠中のいびきや口呼吸・無呼吸を招いて、全身の変形症とともに免疫病を発症します。

 

ヒトの体は「からだの使い方」が大切です。

使えば発達し、使わなければどんどん萎縮してしまいます。これがラマルクの「用不用の法則」で、この法則にしたがって、からだの体型や顔の形も決まってきます。

主として筋肉と骨でできている人の体は「内外の力」のバランスで形が決まります。

従って、日常の正しい呼吸、姿勢(寝相を含む)、食べ方が重要なのです。

 

お口の中の片噛みになる不具合を改善すること、両側で噛める状態の歯があって、片噛みになっている方は、ガム(キシリトールガム)を噛まない側で噛むなど左右バランスよく噛めるようにしましょう!

寝相が悪くなれば歯並びが悪くなります!

1日の1/3を費やす睡眠時間どんな姿勢で寝ていますか?

あなたは、うつぶせ寝?横向き寝?仰向き寝?

仰向き寝には問題はありませんが、うつ伏せ寝、横向き寝になっていると、頬が圧迫され歯が内側にたおれて、歯並びが悪くなってきます。

まっすぐ上を向いて眠るようにしましょう。

人は直立と座位で活動するため重力を過重(二足歩行のため)に受けています。

睡眠によって十分な重力解除の骨休めをしないと疲れが取れません。

理想の睡眠時間は、大人は8時間、子どもは10時間です。

特に成長発育期の子どもの顎や歯並びは、寝相により顎に大きく影響を受けますので注意しましょう。

☆寝相をなおすおすすめの“寝ながら体操”

筋肉の片寄りを矯正することができで、真っ直ぐ上向きで寝られるようになり、

脊柱の側弯・前弯も改善されます。

 

毎日やっている寝相を変えるのは大変なことですね!

でも根気よく少しずつ改善していかないと取り返しのつかないことになってしまいます。

一度“寝ながら体操”を続けてやってみて下さい!

赤ちゃんのご飯ってどうすればいいの?~母乳と離乳食について~

 

赤ちゃんを育てているお父さんとお母さん!毎日の赤ちゃんの食事に悩んでいませんか?母乳はいつまであげればよいのか、離乳食はいつから何をあげればいいのかなど悩みはさまざまだと思います。今回は母乳の効果、離乳食の時期、内容についてお話したいと思います。

 

 

母乳にはIgAという抗体のたんぱく質が含まれています。IgAは新生児の消化管を細菌・ ウイルス感染から守る働きがあるので別名、母子免疫とも呼ばれます。初乳にはIgAの量が多く、免疫効果が非常に高いのです。そして徐々にこのIgAの免疫効果は弱ってきます。また今度は胎盤を通じてもらったIgGという抗体も徐々に減ってゆきます。つまり、2歳頃から母乳、胎盤からの免疫効果は弱くなっていき、今度は赤ちゃん自身が免疫を作っていかないといけないのです。そこで離乳食の登場です。最初にも話したように抗体=たんぱく質なので、離乳食はたんぱく質の多い食品中心にするとよいでしょう。ただし、赤ちゃんは消化機能がまだ未発達なため、高たんぱく食品を早くから与えると消化吸収が十分にできず、アレルギー反応を起こしやすいので、離乳食の開始・進め方には注意が必要です。

 

一度に全部離乳食に変えていくのではなく、最初は母乳と離乳食を混合で与え徐々に離乳食に移行していくとよいでしょう。また満1歳までは乳児ボツリヌス症の予防のためにはちみつは与えないようにしましょう。また卵は離乳食中期までは卵黄を、魚は白身を与え後期は全卵、赤身のものに変えていくことをお薦めします。また肉類は油脂が多いため後期から取り入れるとよいでしょう。

 

 

 

オススメ離乳食レシピ

 

初期 (5~6ヶ月) 1日1回  他は母乳で与えましょう

 

10倍おかゆ、かぼちゃ入り10倍おかゆ

 

中期 (7~8ヶ月) 1日2回  他は母乳で与えましょう

 

7倍おかゆ、野菜入りうどん

 

※うどん、野菜はしっかり煮ること

 

後期 (9~11ヶ月) 1日3回 間食は母乳で与えましょう

 

たまごとじうどん

 

※たまごはしっかり火を通すこと

 

 

 

離乳食を食べないというお話を時に耳にしますが、決して慌てることはありません。食べないからといって無理に与えようとしないで下さい。大人にも食欲がある日とない日があるように赤ちゃんにもあります。本当におなかが減った時には赤ちゃんは食べてくれます。赤ちゃんの様子を見ながら楽しい雰囲気で食事をあげてみてください。

 

 

 

※乳児ボツリヌス症

 

乳児ボツリヌス症は、食品中に含まれる毒素による一般的なボツリヌス食中毒と異なり、腸管内で菌が発芽・増殖して産生した毒素により発症する。中枢神経系が冒され、全身の筋力が低下する脱力状態になり、ほ乳力が低下し泣き声が小さくなる。特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなる。