月別アーカイブ: 2013年9月

開設記念日&お花

今日は小佐々歯科診療所の37回目の開設記念日です。

今年も以前勤めておられた方より、すてきなお花が届けられました。

本当にありがとうございます。

これからも“健康志向型医療”を目指し院長をはじめスタッフ一同、頑張っていきます!!

寝相が悪くなれば歯並びが悪くなります!

1日の1/3を費やす睡眠時間どんな姿勢で寝ていますか?

あなたは、うつぶせ寝?横向き寝?仰向き寝?

仰向き寝には問題はありませんが、うつ伏せ寝、横向き寝になっていると、頬が圧迫され歯が内側にたおれて、歯並びが悪くなってきます。

まっすぐ上を向いて眠るようにしましょう。

人は直立と座位で活動するため重力を過重(二足歩行のため)に受けています。

睡眠によって十分な重力解除の骨休めをしないと疲れが取れません。

理想の睡眠時間は、大人は8時間、子どもは10時間です。

特に成長発育期の子どもの顎や歯並びは、寝相により顎に大きく影響を受けますので注意しましょう。

☆寝相をなおすおすすめの“寝ながら体操”

筋肉の片寄りを矯正することができで、真っ直ぐ上向きで寝られるようになり、

脊柱の側弯・前弯も改善されます。

 

毎日やっている寝相を変えるのは大変なことですね!

でも根気よく少しずつ改善していかないと取り返しのつかないことになってしまいます。

一度“寝ながら体操”を続けてやってみて下さい!

赤ちゃんのご飯ってどうすればいいの?~母乳と離乳食について~

 

赤ちゃんを育てているお父さんとお母さん!毎日の赤ちゃんの食事に悩んでいませんか?母乳はいつまであげればよいのか、離乳食はいつから何をあげればいいのかなど悩みはさまざまだと思います。今回は母乳の効果、離乳食の時期、内容についてお話したいと思います。

 

 

母乳にはIgAという抗体のたんぱく質が含まれています。IgAは新生児の消化管を細菌・ ウイルス感染から守る働きがあるので別名、母子免疫とも呼ばれます。初乳にはIgAの量が多く、免疫効果が非常に高いのです。そして徐々にこのIgAの免疫効果は弱ってきます。また今度は胎盤を通じてもらったIgGという抗体も徐々に減ってゆきます。つまり、2歳頃から母乳、胎盤からの免疫効果は弱くなっていき、今度は赤ちゃん自身が免疫を作っていかないといけないのです。そこで離乳食の登場です。最初にも話したように抗体=たんぱく質なので、離乳食はたんぱく質の多い食品中心にするとよいでしょう。ただし、赤ちゃんは消化機能がまだ未発達なため、高たんぱく食品を早くから与えると消化吸収が十分にできず、アレルギー反応を起こしやすいので、離乳食の開始・進め方には注意が必要です。

 

一度に全部離乳食に変えていくのではなく、最初は母乳と離乳食を混合で与え徐々に離乳食に移行していくとよいでしょう。また満1歳までは乳児ボツリヌス症の予防のためにはちみつは与えないようにしましょう。また卵は離乳食中期までは卵黄を、魚は白身を与え後期は全卵、赤身のものに変えていくことをお薦めします。また肉類は油脂が多いため後期から取り入れるとよいでしょう。

 

 

 

オススメ離乳食レシピ

 

初期 (5~6ヶ月) 1日1回  他は母乳で与えましょう

 

10倍おかゆ、かぼちゃ入り10倍おかゆ

 

中期 (7~8ヶ月) 1日2回  他は母乳で与えましょう

 

7倍おかゆ、野菜入りうどん

 

※うどん、野菜はしっかり煮ること

 

後期 (9~11ヶ月) 1日3回 間食は母乳で与えましょう

 

たまごとじうどん

 

※たまごはしっかり火を通すこと

 

 

 

離乳食を食べないというお話を時に耳にしますが、決して慌てることはありません。食べないからといって無理に与えようとしないで下さい。大人にも食欲がある日とない日があるように赤ちゃんにもあります。本当におなかが減った時には赤ちゃんは食べてくれます。赤ちゃんの様子を見ながら楽しい雰囲気で食事をあげてみてください。

 

 

 

※乳児ボツリヌス症

 

乳児ボツリヌス症は、食品中に含まれる毒素による一般的なボツリヌス食中毒と異なり、腸管内で菌が発芽・増殖して産生した毒素により発症する。中枢神経系が冒され、全身の筋力が低下する脱力状態になり、ほ乳力が低下し泣き声が小さくなる。特に、顔面は無表情となり、頸部筋肉の弛緩により頭部を支えられなくなる。