月別アーカイブ: 2013年11月

噛むことでアゴは大きくなる

最近の子どもは「アゴが小さくなった」とか「口が小さくなった」などよく言われますが、実際のところ、アゴの骨(顎骨)の大きさは変わらないのですが、歯の生える骨(歯槽骨)のアーチが小さくなっているのです。 このアーチが小さいと永久歯が並びきれず、噛み合わせもずれてきます。 (不正咬合)

 

その原因として、

1. ファーストフードなど軟らかい食べものばかり食べるようになった。
2. うつ伏せ寝や頬杖、横向き寝など態癖
3. 片側噛みなどの間違った噛み癖
4. 口呼吸
5. 母乳の吸啜(授乳)の期間が短い。(最低1年)
6. 舌のヒダ(舌小帯)が短く、アーチを外側に広げる力が弱い

と、いうことがあげられます。

 

人間が成長するにあたり、本来ならば舌や口の周りの筋肉を自然な流れで鍛えることができたはずなのですが、現代の日常生活では、この自然な行為が妨げられるようになり、アゴの未発達化につながっているといわれています。

 

よく噛むということは、 歯槽骨を刺激し血行を促進させ、舌や口の周りの筋肉を鍛え、 内側からアーチを広げます。 歯列を正常に成長させるにはアゴを動かし「鍛える」ことが不可欠なのです。

その為の実践的なこととして・・・

  • 授乳期はできる限り母乳育児をし、舌に筋力をつけて口唇の吸引力をつける。
  • 1~2歳くらいまでは指しゃぶりやおしゃぶりをさせる。
  • 3~5歳からガムを噛ませ奥歯の噛み方を習得させる。
    (ガムは、砂糖を使わないキシリトールやパラチノース配合のものをお勧めします。)

以降も、なるべく噛みごたえのある食品をとるようにし、 よく噛んで食べる習慣をつけてアゴを鍛えましょう!!

 

月刊植物園より

植物園の入園料が11月23日と24日の両日、無料になります。(温室と駐車場は有料です)

正面花壇の菊もきれいに咲いております。

この機会に行かれてみては如何でしょうか。

 

キャンペーン開催中!!【ガムピーリング”】