予防矯正(歯並びの不正を予防します)

予防矯正って?

近年、子どもの歯並びの異常が増えてきています。幼稚園や学校の歯科検診で、虫歯がなくても、“歯並び"で要歯科受診になるお子様もおられるでしょう。
これは、普段の食生活、子どもをとりまく生活習慣や生活様式の変化(悪化)の影響が大きいと考えられます。
子どもの歯並びに影響する口呼吸・舌癖・指しゃぶり・うつ伏せ寝・頬杖などが原因の場合が多々あります。
成長・発育中のお子様の口や歯並びに、異常があったり悪習癖があると、顎の大きくなろうとする力が弱められたり、永久に歯が変な方向に出てきます。この成長・発育時期に歯並びの異常を放置してしまうと、将来、不正咬合になってしまいます。
しかし、小さな子どもの時期(成長・発育時)から、悪習癖を改善したり顎や歯に少しの矯正力を加える事により、本来の正常な歯並びへと導くことが出来ます。
上記で述べた、歯並びの異常の原因である芽を早期につんでしまうことで、大人になる前に不正咬合を防いでしまおうとするのが “予防矯正" です。

普通の矯正とどこが違うの?

お子様にする矯正ですから、お子様に対するストレスが小さいにこしたことはありません。また学校へ行くお子様にとって、矯正装置は目立たない方がよいでしょう。

当院で行う予防矯正は、自身での取り外しの可能な“床装置"や歯の裏側に装着する“3D装置"などがあります。3D装置とは、歯の裏側に矯正線が通ったものです。1本ずつの歯は縛らないため、単純で、目立たない装置です。個人差はありますが、痛みもほとんどありません。

3D装置の一番の特徴は、内側から歯並びを拡げる力を効果的に発揮できるということです。今のお子様の歯列不正の大半は、あご(歯並び)が小さいことが原因ですので、時代の要求に合った矯正装置といえるでしょう。成長にあわせた無理のない小さい力で治療するため、痛みや後戻りが少ないのです。
3D装置が終了すれば、仕上げ段階として、表側の歯に取りつける装置(Tip-Edge)を使用していきます。小さいうちから治療を開始しますので、長期に渡り矯正装置を装着して頂きます。息切れしないように、歯医者さんや、スタッフのお姉さんと一緒にがんばりましょう!

永久歯列になった中学生や高校生ぐらいから矯正を始める場合、小臼歯を抜歯してスタートするケースが多くなりますが、当院で行なっている予防矯正のメリットは、子どもの頃から矯正をすることで長期戦にはなりますが、親知らず以外の永久歯を1本も抜かずに、きれいな歯並びへと導くことができることです。

当院で取り扱っている矯正装置の一部をご紹介します

床装置(拡大床) と3D装置

反対咬合用装置(ムーシールド)

反対咬合用装置(KDCプレート)

表側の装置

当院の予防矯正は、歯並びだけを改善するのではないのです!

悪習癖(口呼吸・舌癖・指しゃぶりなど)があるお子様は、たとえ歯並びがきれいに治っても、悪い癖が改善されていなければ装置を外した後に、『後戻り現象』 が起こってしまいます。

当院では、悪習癖のせいで歯並びが後戻りしないよう、歯科衛生士による、くちびるや舌のトレーニング(MFTパタカラ、など)も歯並びの治療と平行して行っていきます。

矯正中の歯磨きはどうするの?虫歯ができたらどうするの?

矯正装置が付いていると、口の中が複雑になり、虫歯が出来易くなり、通常の歯磨きよりも丁寧に時間をかけねばなりません。

虫歯にならないために、まずは、矯正治療開始前に唾液の検査や徹底したブラッシング方法を学んでいただきます。そして、矯正治療中は、定期的に歯科衛生士による歯磨き指導・機械的清掃(PMTC)などを行い虫歯予防をしていきます。

また、定期的な虫歯の検診もさせて頂いており、もし虫歯が出来てしまった場合は早い目に治療を行います。

いつ頃から始めるといいの?

先ずは、歯並びでの異常を起している原因を見つけ、原因除去を行ないます。そして、悪い癖を改善することが先ずは大切です。従って、歯並びの異常が見つかり次第に適切な対応をすることが望ましいです。歯並びの乱れを放置すれば重症になります。早期の対応が望まれます。

床装置は、幼稚園くらいから始めるケースもあります。3D装置はだいたい10歳前くらいから適応です。反対咬合(受け口)を改善する場合は、3歳頃から始めた方がよいケースもあります。
先ずは、ご相談ください。 本ホームページの矯正治療の流れのページをご参照ください。

MFT(口腔筋機能療法)

舌癖について

日常生活の中で、口をポカンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込む時に舌を突き出し、歯を押すような動きをすることがあります。これを舌癖といいます。
私たちは1日600~2000回無意識に飲み込む動作(嚥下)をしています。舌癖のある人は、飲み込むたびに舌で歯を押していることになります。
そのため、出っ歯になったり、歯と歯の間にすき間が開いたり、上下の歯がかみ合わなくなることがあります。また、話をする時には、そのすき間に舌が入るため、サ行、タ行、ナ行、ラ行などが舌たらずな発音になることもあります。
このように、舌癖があると歯並びや発音に大きな影響を及ぼします。

舌癖の原因

* 口を開けて息をする(口呼吸をするため、舌がいつも低い位置にある)
* 舌の裏のひもが短い
* 指しゃぶり
* 遺伝

トレーニングの目的

* 舌の筋肉の力を強くする
* 唇や頬、口の周りの筋肉に力をつける
* 正しい飲みこみ方を覚える
* トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、日常生活の中で、正しい飲み込み方を習慣にする

舌癖のある場合・舌癖のない場合。上下の歯の間に舌が出ていたり、指しゃぶりをする癖がある方は一度受診されることをお勧めします。

パタカラ

朝、目が覚めると口の中が乾いていませんか??

パタカラは歯医者さんが開発した口腔機能を正すためのストレッチ用具です。口の筋肉を鍛え、唇を閉じる力が強くすると睡眠中も鼻呼吸になり、イビキも無くなります。また、歯周病を予防するとともに口臭の改善をします。
さらにパタカラは表情筋も鍛えられ、肌のたるみを防ぎ小顔美人を作ります。

使い方

* 1回3分1日4回、歯と唇の間にはめ、唇を閉じるだけ。
* 紐を引っ張るトレーニングを加えるとさらに効果があります。

使い方

クチビルの健康チェック 3つの以上当てはまった方は、パタカラをしましょう!少しの努力であなたが変ります!!

▲トップ