健康度 -2
歯石の付着

衛生士による口の健康(プロフェッショナルケアー)
歯石とは、歯垢(プラーク)とちがい、歯に沈着した唾液中の石灰分のことです。
歯石にはバイ菌がつきやすく、歯周病のもとになります。
歯科衛生士は、歯科衛生士法にもとづく有資格者です。歯と歯ぐきの健康に関する情報の提供や
手入れの方法を指導したり、また歯石を取るなどの歯の表面や歯ぐきの衛生を保てるようにする
専門家です。

歯科衛生士による口の手入れと助言
歯科衛生士があなたの口の健康を維持するお手伝いをします。
 あなた自身の行う毎日の手入れが最も大切ですが、
どうしても汚れの取り残しがあるものです。
歯科衛生士による定期的な検診をおすすめします。
 
@ あなたの口の中で歯垢(プラーク)の残りやすい部分を示し、
最も効果的に除去する方法を指導します。
A あなたの口の中の清掃に最も適した器具を選択します。
B 歯石の除去を行います。
C 歯ぐきに悪い影響をあたえるタバコのヤニなどの沈着物の除去
を行います。
D 子供たちへの食生活、食習慣などの指導を行います。
E 悪い習癖(指しゃぶり、咬唇癖、舌癖など)に対する指導を行います。
F 食事指導、栄養指導を行います。
G ムシ歯になりやすい歯の溝を、あらかじめ樹脂で封鎖します。
H 初期のムシ歯の進行をおさえる処置をします。
I フッ素による歯質の強化をはかります。

治療のどの段階で歯科衛生士が必要か
診療の流れ
緊急の処置  痛みを取り除く
歯科医師による 口の診査
歯科医師による 説明と相談
(インフォームドコンセント)
歯科衛生士による手入れ
歯の治療にさきがけて行われる歯科衛生士の手入れは、治療の成否を決めるといっていいでしょう。そうした意味でこの段階を衛生のフィルター といっています。
歯科医師による 治療
定期的な検診
手入れがうまくいっているかどうか
歯と歯ぐきが良好な状態かどうか
治療後の状態はどうかなどをチェックします。
 
 

衛生のグッズ

 

▲トップ

0-1-2-3-4-5-6 -7-8 -9