健康度 -3
歯ならびの乱れ

歯ならびの異常
歯ならびの異常とは、歯とあご及び顔面が調和のとれていない状態をいいます。
一方、異常のない歯ならびとは、見た目にもきれいで、咬み合わせも安定しており、歯ぐきにも
異常のない状態をいいます。

どんな咬み合わせ異常があるのでしょう
 

なぜ乱れた歯ならびになるのでしょうか
1. 先天的不正咬合の原因
  もって生まれた遺伝的な性質によるもの。
2. 後天的不正咬合の原因
 
母乳が出なかったため早期から人工乳に 依存していた。
人工乳首を離乳期を過ぎても吸っていた。
飲み込むとき、舌の動きにくせがある。
指しゃぶりのくせがある。
物をくわえるくせがある。
唇を咬むくせがある。
舌を咬むくせがある。
慢性の鼻の病気がある。
やわらかい食べものが多いため、あごの発育が不十分。
乳歯にムシ歯が多く、十分に噛めなかった。
乳歯を早期に失った。
発育期に片側噛みをした。
歯が抜けたまま長く放置していた。
歯周病がある。

歯ならびが乱れると、どんな問題が生じるのでしょうか
 
食べかすがたまりやすい。
掃除がしにくい。
ムシ歯になりやすい。
歯ぐきに炎症が起こる。
よく噛みこなせない。
明瞭な発音がしにくい(サ行・タ行)。
口元の美しさを欠く。
あごが正常に発育しない。
顔がゆがんでくる。
姿勢が悪くなる。

きれいな歯ならびをつくるために
1. 家庭で注意すること
 













母乳が出なかったため早期から人工乳に依存していた。
人工乳首を離乳期を過ぎても吸っていた。
飲み込むとき、舌の動きにくせがある。
指しゃぶりのくせがある。
物をくわえるくせがある。
唇を咬むくせがある。
舌を咬むくせがある。
慢性の鼻の病気がある。
やわらかい食べものが多いため、あごの発育が不十分。
乳歯にムシ歯が多く、十分に噛めなかった。
乳歯を早期に失った。
発育期に片側噛みをした。
歯が抜けたまま長く放置していた。
歯周病がある。
2. 歯科衛生士や歯科医師の協力によるもの
 





ムシ歯の治療。
歯周病の治療。
歯ならびに悪影響となっている歯の抜去。
歯ならびに影響する悪いくせの改善や指導。
歯を失ってできたすき間の維持。
永久歯の正しい位置への誘導。
▲トップ

0-1-2-3-4-5-6 -7-8 -9