健康度 -5
ムシ歯

歯の修復
歯の修復とは、ムシ歯になった部分を取り除き、つめたり(充填)、かぶせたり(冠)することをいいます

なぜムシ歯になるの?
歯の表面に食べかすがくっつき、そのまま時間がたつと、
ムシ歯菌のつくりだす毒素や酸で歯の表面が溶かされます。
これがムシ歯の始まりです。

ムシ歯の治療法





麻酔をして治療中の痛みを感じないようにする。
ムシ歯になった部分を取り除く。
深い部分には、歯髄を保護する処置を行う。
つめもの(レジン)で歯の形を修復する。
つめもので修復が無理な場合は、金属冠などを部分的または全体的にかぶせる。

ムシ歯の治療後の注意








麻酔がさめるまでは、舌や唇、頬を咬むことがあるので飲み物、食べものはひかえてください
つめものをした後、1時間は食べないようにしてください。
つめた後しみることがあります。これは一時的な歯髄の反応なので心配いりません。しみるものをさけるようにしてください。
冷たいもの、熱いものに激しい痛みをおぼえたり、何もしなくてもズキズキしたら、歯髄の治療が必要となります。
不快な症状が出たときは、連絡してください。 

▲トップ

0-1-2-3-4-5-6 -7-8 -9