矯正治療の流れ

1. 咬み合わせ(咬合)の相談(30分)

お子様のちょっと気になる 不正咬合(歯並びの乱れ、噛み合わせの異常)、 不自然な口元、 癖について相談を受けます。
治療が必要なのか
いつ治療を始めたら良いのか
歯を抜かずにすませられるか
などご心配でしたらお気軽にご連絡ください。
3~5歳の園児、6~12歳(永久歯への生え変わりの時期)の小学生での対応が大切です。

具体的内容

なぜ咬み合わせが悪くなるの
どんな歯並びが問題なの
いつから始めれば良いの
どんな装置を使うの
放っておくとどうなるの
等については私どもの所属する子どもの咬合を考える会ホームページに記載されていますのでそちらをください。

2. 精密検査(30分)

レントゲン写真(2種類)、歯の模型、歯や顔、姿勢の写真などの資料や、 顔面、口腔周囲、舌などを検査します。

3. 診断、治療方針の説明(30分)

検査結果に基づき形態、機能、姿勢の異常について、診断結果を説明すると共に今後の対応と治療の方法、装置の種類、治療期間とタイミング、費用などについて説明します。

4. 矯正治療開始

説明を 理解していただき、合意下さった後に治療を開始します。
治療は1回15~30分くらいです。
4~6週に1度の来院となります。(装置によって多少異なります。)

5. 保定

歯並びが整って安定する(成長がとまる)までの間、監視します。

6. PCP(30分)

術前、術後の資料を見てもらい、治療の経過と歯科的健康を維持していくためのポイントを確認し、健康を永続的に守っていくために、われわれスタッフが良き援助者になることを約束する。

7. メインテナンス(生涯管理)

キレイな歯並びを維持し、虫歯や歯周病で歯を失わず、生涯キレイな自分の歯で食べられるように、定期的に検診をし、指導や支援を行っていきます。

詳しくはこちらをご覧ください

▲トップ