歯ブラシは自分にあっていますか?

Share on Facebook

歯ブラシは自分にあっていますか?
歯ブラシは自分に適したもので、毎日きちんと磨くことが大切です。
最も重要だといわれるのがヘッドの長さです。
下あごの前歯の内側に楽に入る大きさのもので、3cm以下のものを選ぶのが良いといわれています。また、植毛部が平らで、柄がまっすぐな握りやすいものがおすすめです。

歯ブラシで歯を磨く幅は小さくすることが大切です。
毛の堅さは、かたい(Hard)・ふつう(Miriam)・やわらかい(Soft)と分かれていますが、歯垢(プラーク)を落としやすいことから、ふつう(M)のものを選びましょう。あまり柔らかいものでは、毛先がネバネバ歯垢に対抗しにくいです。

歯ぐきに炎症がある時や出血する時に、硬いハブラシで磨くと、歯肉を傷つけて細菌感染を起こしやすくなります。そんな時はいつもよりやわらかめのハブラシ(S)で磨き、炎症が治まったら元のふつう(M)に戻すなど、歯や歯ぐきの状態に合わせて上手にハブラシを使い分けましょう。

また歯と歯の間はフロス歯間ブラシを使いましょう。

歯ブラシは1ヶ月に1回取り替えることが理想です。歯ブラシの毛先が開くとプラーク(歯垢)の除去率が低下し、また歯肉を傷つけることがあります。また、毛先が開かなくても、長く使っていると、毛の弾力がなくなり効果が半減します。
毎月交換する日を決めておくといいでしょう。例えば、誕生日が1月20日の人は毎月20日になれば新しい歯ブラシに交換する日と決めておくと間違わなくていいですね。

使用後は流水でよく洗い、よく水を切り、
細菌が繁殖しないように植毛部を上にして風通しのよい所で保管しましょう。

コメントは受け付けていません。