フッ素の効果

Share on Facebook

歯の表面では、食べ物やプラークの中で作り出される酸によってCa、リン酸などのミネラルが溶け出します。
これを脱灰といいます
フッ素は溶け出した部分にCa、リン酸などのミネラルを戻し、修復する作用があります。
これを再石灰化といいます

口腔内では脱灰と再石灰化が起こり脱灰が優位になると虫歯が進行していきます。
再石灰化を促進することで虫歯予防ができます

●フッ素洗口
フッ素の入った液でうがいをする方法です。
フッ素洗口液を口に含み30秒~1分間間ブクブクします。

● フッ素入りの歯磨き粉
市販されている歯磨剤にはフッ素配合と書かれ、
成分表示としてはモノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化ナトリウムと表示されています。
フッ化ナトリウムの方が予防効果が高いといわれています。

●フッ素イオン導入
フッ素の入ったトレーを口にくわえて4分待ちます。
微量の電気を流してフッ素を取り込みやすくします。
痛みなどはありません。

●PMTC
歯ブラシでは落ちないバイオフィルム(細菌が歯の表面につくる膜)を
専用機器を用いて除去し、フッ素入りペーストで研磨します。

コメントは受け付けていません。