赤ちゃんのむし歯予防は?

Share on Facebook

生まれたばかりの赤ちゃんは、口の中にはむし歯菌は存在しません。
歯が生え始める6ヶ月頃からミュータンス菌が“口移し”などでお母さんの口の中からお子さんの口の中に入り感染します。これは、“母子感染”の一つです。

 

 

むし歯の代表的な原因菌であるミュータンス菌は母親の口の中に沢山いるほど子どもにうつりやすくなります。だからといって、子どもとのスキンシップを止めることはありません。免疫力を作り、子どもを育てる意味ではあまり神経質にならなくてもいいことです。

 

子どもがむし歯にならないようにするためには、母親がむし歯、歯周病の治療と予防をしっかりとして母親の口の中の細菌量を減らしておくことにより赤ちゃんへの感染率が下がります。

また、赤ちゃんのむし歯予防は、授乳期から授乳の直後に綿棒で赤ちゃんの口の中をきれいにこすります。 これは、先で食後の歯ブラシの習慣付けになり、すり込み現象です。まさに三つ子の魂百才までです。

子どもの歯が生えるとミュータンス菌が住みやすい環境になりむし歯になりやすくなります。口の中が感染しやすい時期はおおよそ1歳半~3歳頃になりますが、歯が生えたらハブラシで磨いてむし歯予防をしてあげて下さい。子どもが磨ける時期になりましたら子どもが磨いてから、仕上げ磨きを行って下さい。 むし歯にならないようになるべく早いうちから、口の事に気を配りましょう。

あなたを入れ歯にしないように、生涯自分の歯でしっかりと噛めるように全力でサポートしたい。
それが私たちのポリシーです。

コメントは受け付けていません。