入れ歯の手入れ

Share on Facebook

義歯(入れ歯)の人も口は常に清潔さを保つことが大切です。
口の中が不潔になっていたり、汚れた義歯(入れ歯)を入れていると、口臭の原因になるだけでなく、口内炎、潰瘍、口腔がん、誤嚥性肺炎などを引き起こすこともあります。毎日の正しいお手入れが大切です。

①毎食後の週間

◇流水下で食べかすなどの大まかな汚れを洗い流してから義歯ブラシで義歯を清掃します。
◇義歯を落としても破損したり、排水口に流さないように、水を張った洗面器などの上で洗いましょう。
◇ヤスリで削ったり、ペンチで曲げるなど、自分で調整しないようにしましょう。
◇外しておくときは、真水の中に浸しましょう。乾燥するとゆがんで合わなくなります。
◇あまりゴシゴシと力を入れすぎると、義歯を傷つけたり、細菌などの汚れが付着しやすくなります。

②就寝前など1日1回義歯洗浄剤でしっかり除菌・消臭

外した入れ歯は、入れ歯洗浄剤を溶かした水に一晩浸すことが最良です。

1日使った入れ歯には目に見えなくても汚れがついています。
その汚れはカンジダという真菌(カビの一種)が主体ですが、これが義歯性口内炎などの原因となるものです。それで特にカンジダ菌を殺菌・溶菌する酵素の入った入れ歯洗浄剤が市販されています。これを溶かした水の中に浸しておくだけで消毒され、入れ歯についた特有の臭いもなくなり、清潔になります。

③Q&A

◆歯みがき剤を使用して、義歯をみがいても大丈夫?
・・・義歯を傷つける恐れがありますので、歯みがき剤(研磨剤入り)のご使用は控えてください。
◆寝ている間は、義歯を外した方がいいのでしょうか?
・・・原則的には外した歯茎を休めるのが良いでしょう。外した義歯は、水または義歯洗浄剤に浸して保管してください。入れて寝た方が顎が落ちつく人は入れて下さい。
◆義歯安定剤をつけたまま、義歯洗浄剤に浸してもいいですか?
・・・清潔に保つため、できるだけ毎日取り除いて清掃されることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。