知覚過敏症とは

Share on Facebook

虫歯でないのに、冷たいものがしみたり、
ハブラシが当たるとヒヤッと痛むことはありませんか?

これは「知覚過敏症」です。

歯周病(歯肉炎・歯周炎)などにより歯肉が退縮する(歯茎が下がる)と、歯根部の象牙質が露出します。象牙質には象牙細管という神経の末端の入った細い管があり、象牙質表面の脱灰(初期虫歯)や強い摩擦などにより象牙細管が開口します。そこに冷気や冷水、ハブラシなどの刺激が加わると、『歯がしみる』知覚過敏症となります。

重症化して来て、何もしていないのにズキズキ歯が痛んだり、刺激を除去しても痛みが長引く場合は、歯髄が炎症を起こしていることになります。神経を取らなければならないことがあります。

コメントは受け付けていません。