口内炎とは

Share on Facebook

食べ物や飲み物がしみて痛かったり、思うように喋れなかったりと、口内炎に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
何らかの原因で、口の中の粘膜や舌に起こる炎症を総称して「口内炎」といいます。
粘膜が赤くなって食物がしみる程度のものから、潰瘍(かいよう)・水疱(すいほう)ができたりするものもあり、その多くは痛みを伴います。口内炎にはさまざまな原因があります。

【予防法】
☆歯磨き、うがいなどでお口の中を清潔に保つことが基本
☆毛先の開いた歯ブラシを使わない。目安は月に1本
☆ビタミンBのサプリメント、栄養バランスのよい食事を心がける
☆ゆっくり寝る
☆ストレスを取るように心がける
☆タバコはやめる

【治療法】
☆歯科医院などで口内炎用の軟膏をもらって患部に塗る
☆うがい薬(アズレンなど・・イソジンはしみます)で一日数回患部を消毒するように、うがいをする。
☆蜂蜜を薄めて塗る・うがいをする。
☆しょうゆや香辛料など刺激物はなるべく控える。
☆たばこはやめる。

コメントは受け付けていません。