虫歯の症状進み方

Share on Facebook

なぜ、虫歯(う蝕)になるのかご存じでしょうか。
の表面に食べかすがつき、そのまま時間がたつと、細菌(主にミュータンス菌)のつくりだす毒素や酸で歯の表面が溶かされていきます。特に、糖分の多い物を食べると口の中の酸性度が増します。30分くらいの間にこの酸が歯のエナメル質を脱灰(溶ける)して、虫歯が進行していきます。

虫歯(Dental caries)には、進行程度によりC1(エナメル質) C2(象牙質) C3(歯髄) C4(歯根)に分類され、進んでいきます。虫歯が進む速度は食習慣や口腔清掃状態、年齢などによりとても大きな個人差があります。

C1:初期の虫歯はエナメル質の虫歯なので自覚症状がありません。
この段階の虫歯は、比較的簡単な治療で済みます。
また治療をせずに、様子を見ていくこともあります。

 

 

 

C2:エナメル質を超えて象牙質に広がった虫歯です。
冷たいもの、甘いものがしみるようになります。
象牙質はエナメル質に比べて軟らかく、虫歯の進行が早いので注意が必要です。

 

 

 

C3:神経まで進んだ虫歯になる為、常に鈍痛を覚えたり、時に激痛に悩まされるようになり、歯の神経をとる治療が必要になります。

 

 

 

この段階になると、ほとんどの人が虫歯になっていることに気付きます
C3まで進行してしまうと、治療期間は長くなり、治療も大変になります

C4:歯の上部が虫歯でなくなり、崩壊してしまった状態です。
すでに歯髄は死んでしまっているので痛みは感じません。
しかし、放っておくと虫歯菌が血液中に入り込んで健康をおびやかしますから、この段階での治療は、歯を抜くことになります。もし、根がしっかりしている状態であれば根の治療をしてかぶせ物をする場合もあります。

 

 

虫歯はいったん発生すると決して自然に治ったりはせず、必ずこのような経過をたどって進んでいきますので、なるべく早く受診して症状を食い止めることが大切です。

コメントは受け付けていません。