噛むことの大切さ

Share on Facebook

くりかえして噛むことを咀嚼(そしゃく)といいます。
咀嚼の一番の目的は、食べ物を噛み砕くことです。しかし、単に食べ物を噛むということではありません。食物をよく噛んで出来るだけ細かく砕き、だ液を分泌させて食物とよく混ぜ合わせ、飲み込みやすくすることです。これは、最初の消化運動です。1.消化吸収を良くするため
人間は、胃酸だけでなく、唾液でも食べ物の消化を助けます。一口30回以上は噛むようにして食べ物を細かくすることにより、胃の負担が軽減し腸での栄養吸収力もアップします。
また、この唾液は殺菌・消化吸収作用を高めます。

2.虫歯や歯周病の予防
よく噛むとだ液の分泌がよくなり、だ液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため口腔内の清潔さが保たれ、むし歯や歯周病予防になります。

3.顎、顔面の骨や筋肉の発育を促進するため
正しい咀嚼をしっかりと繰り返すことにより、顎の骨が成長すると共に均整のとれた口腔周囲筋が刺激され、きれいな歯並びや豊かな表情になります。
顎が充分に発達していないと歯並びが悪くなり、異常な顎の動きを招き、顎顔面の変形を来たします。

4.ストレス解消と肥満防止
ゆっくりよく噛もうね早食いせず、ゆったりと時間をかけて楽しく食事するということは緊張をほぐし、精神を安定させ、ストレス解消にもなります。また、よく噛むことにより唾液が多く分泌され、血糖値が高まります。
それにより脳の満腹中枢が満たされ、食べ過ぎを防いでくれます。

5.脳を活性させるため
咀しゃく運動が脳に刺激を伝え、脳を活性化させます。
そのため、反射神経が鋭くなり、記憶力・思考力・判断力・集中力・注意力が高まります。

6.がんや老化を予防するため
だ液に含まれるペルオキシターゼというたんぱく質には、発がん性物質の発がん作用を抑える働きがある。
ペルオキシターゼには老化現象など身体に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きもあるため、よく噛むことはがん予防また老化防止にもなります。

ゆっくりよく噛んで食べるということは、栄養の吸収率を向上させるだけでなく、このようにさまざまな良い効果があります。

コメントは受け付けていません。