歯科金属アレルギー

Share on Facebook


『何もしていないのに、身体がかゆい』

『湿疹やかぶれが治らない』

『頭痛が治まらず、不眠がつづく』

 原因不明の湿疹やかぶれ・・・・
その症状、もしかすると金属アレルギーかもしれません。

以前、原因とされていたアクセサリーでは、身に付けた箇所にアレルギー症状が出ていました。
現在では、口の中の金属も原因の一つであると考えられています。

現在歯科保険診療では、パラジウム、銀、銅、ニッケルなど多様な元素を含んだ合金が使用されています。このような金属が、アレルギーの原因になっている可能性があると言われています。

【口の内の金属が原因になっている場合】

銀歯や詰め物のような口の中の金属は唾液によってイオン化し、アレルギー性を持つようになります。
そして血液に吸収され、全身へ回るため、アレルギー反応がどこで起こるのかわからないのです。
こういった症状は、保険診療での金属で、かぶせや詰め物をされた場合に多く見受けられるようです。

また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニー電流と呼ばれる微弱電流を生じて脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させることもあります。
口の中の金属によるアレルギーの危険性は、ピアスやネックレスによる感作によって発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長期間にわたる金属の体内蓄積によって、身体的リスクが増大します。

<よくある症状>

~ 口腔内 ~
舌痛  味覚異常  口内の刺激痛  口内炎  など

~ 口腔外 ~
湿疹(かぶれ)  肌荒れ  アトピ-性皮膚炎  など

コメントは受け付けていません。