離乳期の赤ちゃんのお口と歯のケア

Share on Facebook

■ケアの準備。。。
赤ちゃんの歯が生えていない間はお口のケアは必要ない
と思いがちですが、実は生後すぐにお口のケアの準備を始める事が望ましいです。先ずは毎授乳直後にキレイな綿棒で拭う習慣(摺り込み)がとても大切です。
そしてスキンシップの一環として、子どもの頬やお口の周りに触れることがお口と歯のケアの第一歩となります。口唇に触れても嫌がらなければ清潔な指で口の中を軽く触れることに慣らしていきます。指で触られるのに慣れてくれば、歯が生えてからの歯ブラシの導入がスムーズに行えます。

■歯ブラシを使う前に。。。
最初に生えてくる乳歯(生後6~7か月)は下顎の前歯です。もちろん歯磨きをしてやらねばなりません。しかし歯ブラシで磨こうとしても嫌がります。離乳食の後に麦茶や湯冷ましを飲ませるだけでも食べかすはある程度は取れるので、是非飲ませましょう。お腹の空気抜きをした後にガーゼ磨きなどでお口のケアに慣れさせましょう。■歯ブラシに慣れよう!
次に生えてくる上の前歯(生後1年)は唾液が届きにくく汚れが溜まりやすい為、歯磨きの必要性が高くなります。離乳食の頃は歯の表面の汚れは落ちやすいのでガーゼ磨きか歯ブラシを使って短時間で歯磨きをする練習をします。■歯磨きの習慣化
2才~2才半で奥歯が生えそろいます。奥歯は汚れが残りやすく、また甘味物を取ることでミュータンス菌が口の中に定着しやすくなるため虫歯発生の危険性がでてきます。
そのため歯ブラシによるケアが必要です。
夕食後から寝るまでの間に1回歯ブラシで磨く習慣をつけましょう。
まず、親が磨くところを見せて、子どもにも歯ブラシを渡して一緒に磨く雰囲気づくりします。最後に子どもを膝の上に寝かせて仕上げ磨きをしましょう。

コメントは受け付けていません。