メタボリックシンドローム

Share on Facebook

メタボリックシンドロームをご存知ですか?
メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上をあわせもった状態のことです。


腹囲(おへその位置)が、
男性85cm以上
女性90cm以上

下記の項目のうち、2つ以上当てはまればメタボリックシンドロームです
・血糖 空腹時血糖110mg/dL以上
・脂質 中性脂肪150mg/dL以上またはHDLコレステロール40㎎/dL未満
・血圧 収縮期血圧130㎜Hg以上または拡張期血圧85㎜Hg以上
(↑いずれか1つが該当する人はメタボリックシンドローム予備群

平成16年調査によると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人と予備群と考えられる人を合わせた割合は、男女とも40歳以上で高く、特に中高年の男性で高くなっています。40~74歳で見ると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人は約940万人、メタボリックシンドローム予備群と考えられる人は約1,020万人で、あわせて約1,960万人と推計されています。40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われるか予備群と考えられています。
メタボリックシンドロームにより、心臓病や脳卒中の原因となる動脈硬化が飛躍的に進行していきます。

生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防のために、適切な体重を維持し適度な運動やバランスのよい食事、禁煙など生活習慣の改善に取り組む事が大切です。
まず日常生活の中で出来ることからはじめてみましょう!!!

例えば、しっかり咬んでゆっくり食べる事です。

しっかり咬んで食べることで肥満防止につながります
☆早食いを防止し、満腹感が得られやすくなる為、食べ過ぎドカ食いを防止します
☆良く咬むことで視床下部からホルモン(神経ヒスタミン)が分泌され、食欲を抑制します
☆良く咬むことで交感神経が刺激され、代謝が活発になって消費カロリーが増加します
☆ゆっくり、よく味わうことになり、うす味、少量でも十分な満足感が得られます

自分の健康は自分自身でつくって行きましょう!

コメントは受け付けていません。